• 日本語
  • 中文
  • English

インストラクター

香港柔術代表/柔術スペシャルインストラクター

マスタージャパン福岡/柔術メインインストラクター
指導対応言語:英語・日本語

1979年 東京都生まれ
ブラジリアン柔術黒帯・柔道黒帯
IBJJF(国際柔術連盟)公認 黒帯三段
JBJJF(日本ブラジリアン柔術連盟)公認 黒帯三段
JBJJF(日本ブラジリアン柔術連盟)公認 公式審判員

主な戦績
[柔術]
2000年、2001年 全日本選手権オープン優勝
2002年、2003年 全日本選手権オープン準優勝
2006年 ブラジリアン柔術世界選手権アダルト茶帯ペナ級3位
2006年 パンアメリカン選手権アダルト茶帯ペナ級3位
2008年 タイランド国際選手権アダルト黒帯ペナ級優勝
2010年 アジア選手権マスター黒帯無差別級優勝
2010年 アジア選手権マスター黒帯フェザー級準優勝
2010年 中国国際選手権オープン黒帯無差別級優勝
2011年、2012年、2013年 台湾国際選手権アダルト黒帯 優勝
2013年 マスターズ(マスター&シニア)
世界選手権マスター黒帯フェザー級3位
2013年 アジア選手権アダルト黒帯フェザー級準優勝
[柔道]
2009年 柔道香港選手権2位
2009年 總會39週年香港柔道錦標賽 優勝
2012年 柔道香港選手権優勝

荒牧誠 戦歴

 
[柔術(BJJ)]
青帯
2000年 全日本選手権オープンアダルトぺナ級優勝
2001年 全日本選手権オープンアダルトぺナ級優勝
紫帯
2002年 全日本選手権アダルトぺナ級3位
2002年 全日本選手権オープンアダルトぺナ級2位
2003年 コパKORALカップアダルトぺナ級優勝
2003年 全日本選手権オープンアダルトぺナ級2位
茶帯
2005年 Viva柔術カップアダルトぺナ級2位
2006年 Viva柔術カップアダルトぺナ級優勝
2006年 Viva柔術カップアダルト無差別級3位
2006年 パンアメリカン選手権アダルトぺナ級3位
2006年 コパJFTカップアダルトぺナ級優勝
2006年 DUMAUインターナショナルアダルトぺナ級2位
2006年 世界選手権アダルトぺナ級3位
2006年 Gi All Japanトーナメントアダルトぺナ級優勝
黒帯
2007年 コパJFTカップアダルトぺナ級優勝
2007年 デラヒィーバカップアダルトぺナ級優勝
2007年 全日本選手権アダルトぺナ級3位
2007年 セントラルJapan選手権アダルト無差別級3位
2007年 全日本選手権オープンアダルトぺナ級2位
2008年 香港国際選手権NO-GIアドバンス -75kg級優勝
2008年 タイランド国際選手権アダルトペナ級優勝
2008年 タイランド国際選手権アダルト無差別級3位
2010年 Copa de Hong Kong 3 NO-GIアドバンス2位
2010年 アジア選手権マスターフェザー級2位
2010年 アジア選手権マスター無差別級優勝
2010年 タイランド国際選手権アダルト-76Kg級3位
2010年 タイランド国際選手権アダルト無差別級2位
2010年 タイランド国際選手権No-Gi -70Kg級優勝
2010年 第一回CHINA国際選手権オープン無差別級優勝
2010年 アブダビプロ柔術China Trial -74KG級2位
2011年 台湾国際選手権アダルトフェザー級優勝
2011年 台湾国際選手権グラップリング-70Kg優勝
2012年 台湾国際選手権アダルトフェザー級優勝
2012年 タイランド国際選手権アダルト-83KG級2位
2012年 タイランド国際選手権アダルト無差別級3位
2013年 台湾国際選手権アダルト無差別級優勝
2013年 マスターズ(マスター&シニア)世界選手権マスターフェザー級3位
2013年 アジア選手権アダルトフェザー級2位
2014年 台湾国際選手権アダルトライト級準優勝
2016年 アジア選手権マスター2ライト級3位
プロ柔術3戦2勝1敗

[柔道]
2009年 柔道香港選手権2位
2009年 柔道總會39週年香港柔道錦標賽 優勝
2012年 柔道香港選手権 優勝

格闘技の世界に憧れ、「パラエストラ東京」の門を叩き、日本の柔術のパイオニアである中井裕樹に師事する。入門当初は負け続けたが、1年半で徐々に頭角を表しはじめ、全日本優勝、準優勝を経てプロ柔術家の世界へ。03′から和道(佐藤)稔之(レオナルド・ヴィエイラ(通称レオジーニョ:世界王者、ADCC王者)の黒帯)、弘中邦佳(UFC/DREAMファイター/ケージフォース&プロフェッショナル修斗世界王者)に師事し、修行を積む。06′に行われた全米選手権、同年夏に行われたブラジルでの世界選手権では初出場ながら過酷なトーナメントを勝ちぬき、茶帯の部で3位の快挙。

幼少の頃から運動経験がなくとも、テクニックで世界と渡り合えることを証明できる柔術家の1人である。また、実際の試合戦績ももちろんだが、テクニックのディティールや、ムーブメントを重視したそのクラス内容から、指導者としても評価が高い。

2008年6月末より、香港に移住。2009年7月より長年の目標であった自身のジムを設立。現在も、自身のジムの指導と共に、アジア各地の国際大会にも積極的に挑戦を続けており、2010年にはマスターの部において、アジア選手権無差別級王者、第一回中国国際選手権オープン無差別級王者に輝いた。

さらに、2013年には、マスター&シニア世界選手権の黒帯マスターフェザー級において、3位入賞を果たした。

近年は、アジア各国・グアムでの国際大会におけるレフェリーや、各国でのセミナー開催などでも、活躍の幅を広げている。

そして、2016年5月より、兄と仰ぐ弘中邦佳と共に、「マスタージャパン福岡」をGOLD’S GYMコマーシャルモール博多店にて、開始する。

「香港柔術」の代表兼スペシャルインストラクター。

今注目の柔術家の一人である。

柔術インストラクター
指導対応言語:広東語・北京語・英語・日本語・ポルトガル語(日常会話対応)

1979年 香港生まれ
ブラジリアン柔術黒帯

主な戦績
[柔術]
2006年 DUMAU Cup青帯ペナ級準優勝
2008年 BJJ riddim 最優秀選手
2010年 Estadual Rio Cup茶帯ぺナ級3位
2010年 アブダビワールドプロ中国予選-74Kg3位
2011年 台湾国際選手権茶帯無差別級優勝
2013年 台湾国際選手権茶帯無差別級優勝
2015年 コパ・デ・香港 茶帯アダルト-76kg級優勝
2015年 コパ・デ・香港 茶帯アダルト無差別級準優勝
2016年 香港ナショナルプロ選手権 茶黒帯アダルト-85kg級3位
2016年 香港ナショナルプロ選手権 茶黒帯アダルト無差別級3位
[柔道]
2011年 香港柔道選手権オープン-73kg級3位
2012年 香港柔道選手権-73kg級準優勝

学生時代に留学先のオーストラリアにて柔術を始め、その後第二の故郷ともいえる日本で和道(佐藤)稔之の元で柔術を本格的に習い始める。

当時の師の指導は、非常に過酷なものであったが、常に鍛錬を怠ることなく修行を続けた。香港柔術代表の荒牧とはその頃から苦楽を公私共にしてきた盟友である。また、語学における能力も素晴らしく、北京語、広東語、英語、日本語を完全に習得しており、それら全ての言語で指導が可能である。半年間の柔術修行中にブラジルで学んだポルトガル語も日常会話は問題ないレベルで操る。

特に長年暮らした日本に関する文化、歴史、語学に関する知識は通常の日本人を凌駕するものがある。

また、彼の優れた点は柔術のみならずその人柄にもあり、様々なアカデミー、国の垣根を越えて交友関係を持っている。

2010年1月より約半年に渡るブラジル修行を敢行。その間にアメリカ・カルフォルニアで行われた世界選手権にも出場した。

また2010年6月にリオで行われたEstadual Rio Cupにて、3位入賞を果たした。

名実共に香港のトップランナーであり、香港の柔術シーンのキーマンでもある。

2010年8月1日より、満を持しての故郷香港に凱旋をし、香港柔術インストラクターに就任した。

柔術インストラクター、ヨガインストラクター
指導対応言語:広東語・北京語・英語

1989年 香港生まれ
ブラジリアン柔術茶帯
全米ヨガアライアンス認定RYT-200

主な戦績
[柔術]
2009年 コパ九龍2白帯プルーマ級優勝
2009年 東京国際選手権準優勝
2010年 コパ九龍5青帯ペナ級準優勝
2010年 パンアジア選手権準優勝
2010年 パンアジア選手権NO-GI 準優勝
2010年 ワールドプロ柔術中国予選白青帯部―62kg級3位
2011年 United Jiu-Jitsu of アジアカップ 青帯優勝
2011年 ワールドプロ柔術中国予選青帯部―62kg級3位
2011年 ワールドプロ柔術マカオ予選青帯部無差別級準優勝
2011年 ADCCサウスチャイナ・サマーラウンド・マカオ-65.9kg優勝
2012年 香港オープン選手権(コパ香港)青帯プルーマ級優勝
2012年 台湾国際選手権紫帯アダルトプルーマ級優勝
2012年 コパ・デ・香港 紫帯アダルト-64kg級優勝
2013年 台湾国際選手権紫帯アダルトライトフェザー級優勝
2014年 パンアジアン選手権紫帯アダルトライトフェザー級準優勝
2014年 パンアジアン選手権紫帯アダルト無差別級3位
2014年 LAオープン選手権NO-GI紫帯アダルトライトフェザー級優勝
2014年 Vulkanオープン選手権紫帯アダルトライトフェザー級優勝
2015年 コパ・デ・香港 紫帯アダルト-64kg級優勝
2016年 ヒクソングレイシー杯国際柔術大会茶帯アダルトライトフェザー級準優勝
2016年 コパ・デ・香港 茶帯アダルト-64kg級準優勝
2016年 アジア選手権茶帯アダルトルースター級優勝
[柔道]
2007年 香港柔道学生選手権-52Kg級3位
2008年 香港柔道ジュニア選手権-52Kg級準優勝
2009年 香港柔道学生選手権-55 Kg級準優勝

柔術キャリアを2009年7月の香港柔術の設立と共に開始する。

体格的に小柄な彼が、体格的に勝る他の生徒や大会での対戦相手を翻弄するに至るまでは、さほどの時間を要しなかった。その理由は、柔術の元来の目的である柔よく剛を制する技術とムーブメントを理解し、身につけるための努力を惜しまなかったためである。

現在まで様々な国際大会にて入賞し、メダルを獲得している実力者でもある。その柔らかく素早い動きで相手をコントロールする様は、正に香港柔術で育ったピュア柔術家たるゆえんであり、一見の価値がある。

荒牧誠も認める香港柔術期待のホープである。

また、全米ヨガアライアンス認定のRYT-200取得者であり、ヨガの指導にも定評がある。

柔術トレーナー&フィットネストレーナー
指導対応言語:広東語・北京語・英語・日本語

1981年 香港生まれ

主な戦績
[柔術]
2015年 コパ・デ・香港 青帯マスター-82.3kg級優勝

香港にてブラジリアン柔術がまだ普及する以前から柔術を開始した数少ない選手の一人。その実力は国際大会級である。またフィットネストレーナーとしての顔を持ち、その経験と理論に裏打ちされた指導には定評がある。

技術は勿論だがフィジカル面でも優れた選手であり、その鍛えこまれた身体は、選手としてだけでなく、フィットネストレーナーとしても疑いようのない説得力を持っている。 またその体格に合わず、人当たりのよさと愛嬌を持ち合わせている。

趣味で始めた日本語のレベルは日本語検定2級を突破するほどで、指導も勿論問題なく行える。

柔道クラス特別講師
指導対応言語:広東語・北京語・日本語

1984年 香港生まれ
講道館柔道黒帯
全日本柔道連盟 公認審判員
中国香港柔道連盟公認黒帯三段
中国香港柔道連盟公認指導者
前香港柔道ナショナルチームメンバー(2001年~2005年)
九龍柔道会 技術委員及指導員
仲間柔道会 総監督
樂善堂梁銶居中高学校 柔道指導員
香港柔道館 アシスタントコーチ
日本明海大学文学士–外国語学部日本語学科
日本語能力試験一級

主な戦績
[柔術]
・個人戦績
2001年 香港學界柔道錦標賽 優勝 -56KG
2001年 第33屆南華會柔道賽 3位 -56KG
2001年 全港柔道級組賽 3位-56KG
2002年 青少年柔道錦標賽 優勝-56KG
2002年 國際城市柔道錦標賽3位-55KG
2002年 香港柔道公開賽 2位-60kg
2002年 全港隊際賽 3位
2003年 香港校際柔道賽 優勝-60KG
2003年 亞洲青少年柔道錦標賽 7位-55KG
2003年 第35屆南華會柔道賽 2位 -60KG
2004年 香港柔道選拔賽成績 2位 -60KG
2004年 香港高雅國際柔道錦標賽 5位-60KG
2004年 香港柔道公開賽 3位-60KG
2004年 五十五週年國慶杯香港柔道錦標賽 2位 -65KG
2004年 青少年柔道賽 優勝 -60KG
2005年 香港柔道公開賽 3位-73KG
2005年 柔道總會35週年錦標賽 優勝 -60KG
2007年 柔道總會37週年錦標賽 優勝-73KG
2013年 香港柔道冠軍賽 2位 -81kg
2013年 香港柔道公開賽 優勝-81KG
2014年 香港柔道公開賽 2位 -90kg
・団体戦戦績
2003年 香港柔道隊際錦標賽 3位 (先鋒)
2005年 香港柔道隊際錦標賽 優勝 (中堅)

香港柔道ナショナルチームメンバーとして活躍後、日本の大学に留学し、その後社会人としての経験も積む。同時に日本でも柔道の練習に励み、指導者としての見聞を広める。
香港に帰国後は、自らの柔道チーム「仲間柔道会」を立ち上げ、香港での柔道普及活動に尽力している。2015年2月より、香港柔術の柔道クラスの特別指導員に就任した。